経営者と銀行の関係

経営者は銀行から借り入れ

経営者が銀行から運転資金を借入

経営者が銀行から運転資金を借入するには、いくつか留意すべき点があります。会社の財務上は、借入をせずに自己資金ですべて賄うことができれば安定度は高いので、必要のない資金は無駄に借入をしないことも重要です。しかし、通常は自己資金の金額はある程度限定的となりますので、大きく事業を展開していくことが難しくなるというデメリットがあります。ここで経営者が気を付けるべき点は、普段から銀行とのリレーションを大切にして、会社の財務状況や事業の展開について具体的に伝えておくことです。そうすれば、必要な時に運転資金の借入をスムーズに行うことができるからです。

企業を経営している立場から銀行

企業を経営している立場から銀行をみると、お付き合いの方法が大変難しいように感じられます。自社の立場が悪くなってしまうと、いざ困った時に見放されてしまったり、銀行自体の資金繰りが悪化したりすると、急に借りていた資金を回収に来るのではないかと不安になります。経営が順調なうちはいいと考えがちですが、いざという時のために仲良くしておくのも手腕の一つです。他の商品、例えば保険などの契約をするなど、借用以外にも利用できるものがいくつかあります。保険などは無駄なものとして削減することを考える人も多いと思いますが、手段として利用できるということを頭に入れておくといいでしょう。

↑PAGE TOP