相続に関する知識

相続に関する知識には

知っておきたい相続の意味

相続というのは、亡くなった人が残した財産や権利義務を、残された人が包括的に受け継ぐことです。このとき、亡くなった人を被相続人と言います。受け継ぐのは、通常、結婚の相手である配偶者と子です。子がすでに死亡している場合には孫が受け継ぎます。このことを代襲と言います。物の所有権は移転しますが、これは死亡という事実により自動的に発生します。登記や登録などは不要です。借金などの義務も受け継ぐことになるので、それが嫌な場合には放棄することもできます。

↑PAGE TOP