税務調査に関する事

個人事業と税務調査の関係

個人事業主に対する税務調査

個人事業主は、所得税の確定申告をします。これは、申告納税制度といって、個人事業者が自分で所得金額や所得税を計算して納税するものです。自分での計算が法律に従って正しく行われているか税務署が確認する手続きが税務調査です。税務調査は、一般的に帳簿や書類など申告の計算の根拠となるものを確認してゆく作業だと言われます。誤りがあった場合は、税務署の指摘により正しい申告に修正し、不足している税額を納付する場合が多いようです。調査前の連絡や調査が終わった後の手続きは法律で定められています。

↑PAGE TOP