経営するための借入

経営者の銀行との付き合い方

経営計画を策定する意味

企業の多くは、代表者の理念・方針に基づいて、経営計画を作成します。それは、長期・中期・短期と区分されることが多いのですが、従業員の多くは単年度のものをベースに部門ごとに目標を定め、目標管理を行っていくケースが多いと考えられます。また、この中期・短期のものは、銀行へも提出され、設備投資や運転資金調達にあたり、融資を受ける際に重要な役割を果たします。「計画なくして経営なし」とは、よく中小企業の代表者たちの間で交わされる言葉ですが、その意味するところは、企業という組織体はプランニングをしっかりと行い、その目標に向かって、全社が一丸となって業務に邁進することをいうのだと考えられます。そして、その結果をチェックし、また新たなプランを立てるというPDCAサイクルを回すことにあると言えるのです。

企業と銀行の上手な付き合う方

企業の経営に当たってトップクラスに重要といっても過言ではないのが、融資してくれる銀行との付き合い方です。特に資金力が乏しい中小企業やベンチャー企業などは、融資があることによって様々な投資などの戦略が実行できるので、銀行は神様みたいな存在とも言えるでしょう。企業の経営者は、ゴマをする必要は決してありませんが、常に真摯な態度で融資担当者と向き合う必要があります。良い付き合いが継続できれば、少しずつ信頼感を築くことができ、場合によっては少し有利な条件で融資を受けられる可能性もあります。常に心掛けておきましょう。

↑PAGE TOP