経営時に銀行と取引

銀行と取引のある経営者

経営に必要不可欠な銀行から支援

企業経営を推進するためには、銀行・信用金庫等の金融機関をうまく活用し、資金繰りの状況を巧みにコントロールしていくことが肝要です。もちろん、運転資金が枯渇する時には一時的な借り入れを行うこともありますし、設備投資を行う上で銀行からの融資が大きな力となってくれることは間違いありません。経営者にとって、企業規模を大きくし従業員とその家族の幸せを確保するためには、金融機関の制度を熟知し、最小限の借り入れで最大限の費用対効果をあげていくことが求められます。企業は人なり、しかし、その前に先立つものがなくては良い人材は確保できません。人・モノ・金・情報という4つの要素を、バランス良く調和させ、社会に貢献できる企業へと成長していきたいものです。

銀行との取引は企業規模による

個人事業者は一般的に、それほど金融機関を利用することはありません。彼らは日銭と呼ばれる毎日の現金収入が収入源であり、銀行から融資を受けることなど、非常に稀なことであるからです。しかし、事業規模が拡大し法人なりでもすれば、様相は一変します。売掛金や買掛金などが派生し、運転資金や設備投資のための資金など、長期的なスパンで経営を進める必要性が生じます。当然、その資金を得るために銀行や信用金庫を活用することになります。最初のうちは地域に密着した信用金庫などの利用が主かもしれませんが、徐々に規模の大きな金融機関との取引へと変わっていくはずです。その最大の理由は、融資の利率が根本的に違うからです。少しでも低い利率を求め、信用金庫から大手金融機関への取引へと移行するのが、経営のあるべき姿といえます。

↑PAGE TOP